双子男児と義実家同居中

双子男児との日々、育児や義実家同居のことについて書いてます。

ときどき本気で思ったりする

突然何かに目覚めて、海外にでも永住してくれないかな…

ときどき本気で思ったりする。

朝起きるのが憂鬱…。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

実家に帰ると

実家に帰って戻ってきたら、必ずと言っていいほど双子にからんできます。

あなたたちのおじいちゃんおばあちゃんは私達よ!

と、刷り込んでいるようです。

考えすぎ?
いえいえいえ。

意識してか無意識かは知りませんが、これ、本当。

う…うざい……

関係ないけど、料理に文句ばっかり言う夫。ムカつく。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

年子より楽よ

何度目だ。この言葉をかけられるのは。

「年子の方が大変」
「一度に大きくなるからいいわね」
「イベントが一気に終わるからいいわね」

双子ママはきっと一度は言われたことがあるのでは?

年子の方が大変
年子より楽よ

結構な頻度で言われます。
双子も年子も育てたことがないおばさま方に。
励ましのつもりなんでしょうが、正直うざい。

楽な子育てなんてないです。双子だろうが年子だろうが2歳差だろうが。一人より二人、二人より三人。子供の数が増えるほど大変です。

年子より楽だなんだ余計なことを言っていちいち比較するから年子ママと双子ママのいらないライバル意識が生まれるんですよ。

それにイベントが一気に終わるってことは一気にお金が飛んでいく。

誕生日のお祝いは、自分の誕生日じゃなくても楽しみだった。でもそれも一回だけ。

あ、あとよく言われるのが

「私には無理」

私だって無理だよ。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

いちゃもん夫

食費がかかりすぎと文句を言われる。
子供にはいいものを食べさせてあげたいので、食材にこだわっているからかも。
それでもなんとかやりくりしてるつもりでした。

しかしそこで夫の一言。

「食材にこだわるほどたいした料理してないじゃないか」

(# ゜Д゜)カチーン!!!!

核家族であれば実家に帰ってしまえば、少しは妻のありがたみが分かるものも、同居では料理上手な姑がいます。
むしろ美味しい料理を食べられるので、夫にとってはその方がいいでしょう。
双子がいなくて寂しいくらいです。

毎日毎日、苦手な料理を、節約節約とこれでも考えて考えて、双子を見ながら少ない時間で作っているのに。ひどい言いぐさです。

夫にとったら(義実家にとっても)双子が産まれてしまえば、同居してるし私なんてもうどうでもよくなってる。そんな空気が流れている。

もうどうせなら姑のところへ行ってしまえ。毎日美味しい料理を食べさせてもらえ。
私は双子と3人で食べるから。

あー!家ではムツっとしてスマホのゲームばかり、かといって口を開けばダメ出しばかり、蔑むばかり。

夫が働いているからご飯が食べられる。双子との時間を持てている。

文句があるなら働いて稼げ
子供は親に任せたらいい
そしたら保育園代がかからないから

アホか!死んでもイヤじゃ!

私が働いてるときも、収入が少ないだの見下してた。

朝5時に起きて仕事へ行き、7時に帰ってきてそれから食事の支度。
そんな頑張りを一ミリも認めもせず、

そんなことしてる人はいっぱいいる
仕事してても器用に他のことこなしている人なんて山ほどいる
努力が足りない
たいした料理してない
好きでしてる仕事だろ
嫌ならたいした職場じゃないから辞めたらいい(もっと稼げる職場に就職しろ)
育児してても自分磨きしてる人はいっぱいいる
誉めるポイントが見つからない

夫は私が嫌いなんでしょうね。

棚ぼたて就職できた人には就職活動の難しさなんて分からない。同居でぬくぬくとしてる人には妻の気持ちは分からない。

蔑むばかりの人間を育てた親の顔が見てみたい。
あ、毎日見てるわ。

あー、そんなことより節約方法が知りたい。
おバカな私はもう分からない。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

できることなら

3人で暮らしたい。



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

どうか早く早く

以前書いた「ふたごじてんしゃ」。
早く発売されないかなぁ。

双子は2歳すぎ、どんどんできることが増えてきたし、近所の公園だけでは物足りなくなってきた。(飽きたし)
それよりなによりとにかく暑い(>_<)

ベビーカーを押して、えっちらおっちら遠くの児童館に行くのも限界な季節がやってくる。

他のママさんは自動車だ自転車だと、身軽そう…うーん、うらやましい。

夫が普通の子供のせは絶対に買ってくれないので、早く後ろ三輪の「ふたごじてんしゃ」が発売されてほしい…。

喉から手が4本でるくらい欲しいですわ。

自転車があれば、もっと早く移動できるし、ちょっと遠出もできる!
風をきって走るからちょっとやそっとじゃ暑くないだろうし楽しそう。

安全運転しますので、早く早く欲しいー!

まあ、我が家の双子にとったらどうでもいいことっぽいですが…。
児童館よりもジジババ(というかババ)…(-""-;)

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村

息がつまる

それでも母親かとよく言われます。
そんなこというお前こそが子供だと。

自分の意見をはっきり言えるようになった双子。
嬉しい成長ですが残酷です。

子供は甘やかしてくれる人になつきます。そりゃそうです。
怒られないし、ダメって言わない。抱っこと言えば抱っこしてくれる。

しかし私は一体なんのために結婚したのか。
なんのために子供を産んだのか。

朝も昼も夜も夜中も、この子達のために時間を使っています。それが母親です。
今の私は子供たちのためにしか存在していません。

やっと授かって、やっとの思いで産んだ
愛しい愛しいわが子。

それがこちらに向いてくれない。

姑>私

仕事も辞め、便利な土地から不便な土地に移り…
私は一体なんのために結婚したのか、なんのために子供を産んだのか。

義理家のためじゃないです!

機嫌が悪いときは母親に渡すものでしょう。姑は違います。
母親を求めるものでしょう。この子たちは違います。

姑は離しません。
私が抱っこしようとしたら「今はダメよ。機嫌が悪いんだから」と我が物顔で離さず、子供にも拒否されます。

夫は味方になってくれません。ダメ出しの毎日。

むなしくなります。

姑姑と子供が言うたび、煩わしく感じます。

子供に八つ当たりはしません。
悪循環に陥らないために。

モヤモヤとしてる私が出ているのでしょう。
そんな人間と一緒にいても楽しくないでしょう。
ニコニコと可愛がってくれる人になつくでしょう。

こんな母親になりたくなかった。
私のいる場所こそが故郷で、帰る場所だと思ってもらえるような母親になりたかった。

「おばあちゃんの所に帰りたい!」

2歳児の発言です。
ですが、これは強烈にへこみました。

ああ、さっきやっと泣き止ませたのにまた泣き出した。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二卵性双生児へ
にほんブログ村